SSスタイル

【ロマサガRS】SSヴァンパイアレディ(正月)評価と考察まとめ!

こんにちは、てるです!

本日は1月12日より始まった「花正月の大合戦開催記念 Romancing祭」より登場する「SSヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの)」の評価と考察を書いていこうと思います!

強い点

・腕力・素早さ・魅力の補正値が高い剣アタッカー!

・「魅惑の蚕食」により攻撃命中時に確率で魅了状態にする事が可能!

全体攻撃を使用すれば全体に効果アリ!

・攻撃命中時に自身とランダム生存者のHPを回復する「ヴァンパイアリンク」で継戦能力〇

・低BP全体攻撃+体力バフ技「つゆ払い」習得により周回もこなしやすい!

・斬+陰の複合属性+魅力バフ技「八重桜」は「魅惑の蚕食」と相性〇

・ファスト付き縦列攻撃+味方生存者の愛と魅力を上昇させる「プラムチャーミング」習得!

愛が上がれば回復技の回復量アップ、魅力が上がれば回復を受ける際の回復量と魅了の成功率がアップ!

管理人
ロマサガ2にて登場していた敵モンスターの擬人化スタイル!

性能としてはロールアタッカーとなっていますが状態異常の[魅了]を付与する事を目的とした技・アビリティ構成となっておりジャマーに性能となっています!

攻撃しながら自身の魅力を上げる「八重桜」や味方生存者全員の愛・魅力を上昇させる「プラムチャーミング」によって「魅惑の蚕食」の成功率を上げ、攻撃しながら状態異常[魅了]をばらまくのがスタイルコンセプトとなっています!

ロマサガRS ヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの) レーダーチャート

【火力】

ロールはアタッカーとなっていますが与ダメに関わるアビリティは「テンションアップⅤ」のみ

技もバフ付きの技が多い分平均的な威力値の技が多く火力面については高いとは言えません。

【総合汎用性】

現在ヴァンパイアレディのスタイルは5つあり技の選択肢は豊富

単体攻撃から全体攻撃の技を広いBP帯で習得しているのでカスタマイズ性が高く、比較的様々な状況に適応しやすいキャラクターと言えます。

【ボスコンテンツ】

[魅了]を付与する点を強調されており状態異常が入りづらいボスコンテンツは苦手

アタッカーとしても「テンションアップⅤ」だけでは力不足、ボスコンテンツでの活躍は厳しいでしょう。

【周回能力】

「つゆ払い」で全体攻撃が可能な点は高評価

AUTOでは開幕から使用できませんが「プラムチャーミング」と使い分け出来れば最低限の仕事は可能

水着ヴァンパイアレディから「マリンバットちゃん」を継承すれば対応力が上がりますが、火力は水着ヴァンパイアレディの方が上なので基本的にはそちらに「つゆ払い」を継承した方が効率的

【特殊コンテンツ】

「つゆ払い」+「魅惑の蚕食」による全体魅了狙いは「ツヴァイクバトルフェス」や「螺旋回廊」のようなコンテンツでは意外と有用!

育成や所持スタイル次第では火力押しの方が早いですが、苦戦されている方は一考の余地あり

「最果ての決戦島」では「プラムチャーミング」が1手撃破の選択肢として輝く事があるかもしれません。

SSヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの) スペック

SLv50時補正値

腕力↑↑+96%+17
体力+56%+5
器用さ+64%+5
素早さ+84%+5
知力+28%+5
精神+55%+5
+34%+5
魅力↑+80%+11
合計補正値497%

アビリティ

ロマサガRS ヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの) アビリティ

・ヴァンパイアリンク 発動率約25%

・魅惑の蚕食 基礎確率約25%

・テンションアップ 効果量約20%

魅惑の蚕食」はSSトーマス(真価が試される時)が持っていた「石化の蚕食」の[魅了]Ver

[石化]と違い[魅了]は成功率が魅力依存なため、現状陣形ブーストをかけられず他の状態異常に比べると成功率、実用性共に劣っています。

同士討ちさせる」という点では強力ですが、マヒや石化で解決できる場合も多く魅了だけ耐性がないという敵も数少ない為過度な期待はできないところ

連戦コンテンツで攻撃ついでに発動してくれればラッキーぐらいに考えておくといいでしょう。

技・術

つゆ払い

BP5-4 威力E 斬 全体攻撃 自身の体力を上昇(約15~25%)

攻撃しながら自身の体力を上昇させる低BP全体攻撃

威力こそ控えめですが回転率が良く全体攻撃なので「魅惑の蚕食」と相性〇

周回から連戦コンテンツ、魅力が通じるイベントバトルでの活躍が見込めます。

AUTOでは開幕から使用できませんが、「八重桜」からならば2ターン目から使用できるようになるので回転率を上昇させるためにも覚醒をオススメします!

八重桜

BP7-5 威力B 斬+陰 自身の魅力上昇(約20~30%)

自身への魅力バフが付いた中BP技

バフ付きでありながら威力値が高く、同コスト帯の技の中でも同率3番目の威力値(マサムネ、黒炎などと同程度)

技Rank次第で上昇量は変わりますが、最大3割近く上昇するので意外と効果が大きいです。

「八重桜」で攻撃しつつ魅力バフを重ね、魅了付与を狙っていくのがメイン

威力値も高いので継続火力技としても強力、回転率アップのためにも覚醒させておくのがオススメ!

プラムチャーミング

BP13-10 威力A 斬 ファスト 縦列攻撃 味方生存者全員の愛と魅力上昇(約30~40%)

ファスト付きで味方生存者でのバフをかけつつ縦列攻撃をする贅沢な技!

フル覚醒すれば開幕から使用でき、バフ効果も(大)なのでRank次第では約40%上昇と強力

PT全体の回復能力を大幅に上昇させられるので、開幕以外にも「シャイニィグローリー」「生命の雨」と併せて使うのも効果的!

自身の「魅惑の蚕食」とも相性が良く、周回では雑に使い場合によっては回復量上昇に使うなど火力面以外の使い方も考えられる優良技

開幕から使用出来れば周回でも役に立つ場面があるため覚醒しておくと使える場所が増えます!

SSヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの) オススメ技構成

「魅惑の蚕食」を利用した周回構成

技名BP覚醒段階
つゆ払い4
八重桜7♢♢
プラムチャーミング13or10♢♢♢or◆

「プラムチャーミング」→通常攻撃→「つゆ払い」ループor「八重桜」→「つゆ払い」ループ

開幕から「プラムチャーミング」を使用するかは敵の陣形次第

開幕から「プラムチャーミング」を使用すると通常攻撃を挟み3ターン目からしか「つゆ払い」を使用できないのが問題点

「八重桜」から入れば「つゆ払い」への移行が早く魅力バフもかかってすぐのため魅了にも期待が持てます。

基本的には「八重桜」→「つゆ払い」をメインにし、縦列攻撃が綺麗に刺さりそうな場面では「プラムチャーミング」を使用するのが効果的です!

火力重視の周回用構成

技名BP覚醒段階
つゆ払い4
八重桜7♢♢
プラムチャーミング13♢♢♢
マリンバットちゃん6◆◆

「八重桜」→「マリンバットちゃん」→通常攻撃⇆「マリンバットちゃん」

「つゆ払い」を使用しなくなる分魅了付与の機会は減りますが、火力は一番出る構成

[魅了]を狙うならば「つゆ払い」連発の方が有効ですが、通常の育成周回で火力を重視するならばこちらがオススメ

基本的に水着ヴァンパイアレディの方が火力が出ますが、腕力の上限を狙う際に使える構成です。

SSヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの) 総評

ポイント

・「魅惑の蚕食」による魅了付与はクエストによっては強力!

・「プラムチャーミング」は意外と汎用性が高い!

・「つゆ払い」は継承技としても便利!

上記が正月ヴァンパイアレディの総評です。

 

筆者の個人的な感想では

「天井までは狙わない」スタイル

ココがダメ

・現状状態異常の必要性が非常に低い

特に[魅了]は依存するパラメーターが魅力、迷いの世界塔高層のような高難易度では成功率に期待が持てない

・あらゆる面で水着ヴァンパイアレディに火力負けしている

技も全体的に威力値で劣っており、「つゆ払い」「プラムチャーミング」しか継承技としても魅力が少ない

現在ロマサガRSは全体攻撃に秀でたキャラが多く、1章7話の頃のように状態異常で無力化してから撃破という事をしなくても高速で周回する事ができ状態異常の必要性が非常に下がっています。

その中で状態異常に特化したスタイルというのは逆行しているというか、使う場所がないに等しいです。

依存パラメーターも不遇で陣形ブーストも不可能なので高難易度の雑魚戦が来てもマヒや石化ほどの成功率に恵まれず、「八重桜」などで魅力ブーストしてからと遠回りするのであればそもそも必要か?という話になってしまいます。

同じようなスタイルとしてSSトーマス(真価が試される時)がいますがこちらは「グラビティ・アクセル」を修得し、知力依存の打属性攻撃の中で高い火力を有しているという点で使われる場所がありました。

しかし正月ヴァンパイアレディは短期戦~長期戦まで水着ヴァンパイアレディに火力で劣っており、継承用スタイルと考えても「つゆ払い」「プラムチャーミング」しか魅力を感じず(下手すると「プラムチャーミング」を継承するかも怪しい)一番魅力的な点が「つゆ払い」継承という悲しい事になっています。

正直このラインナップ、性能を見た時運営も大分スタイル調整に疲弊、困惑してきているのではないかと感じました。

https://twitter.com/teru_romasaga/status/1348992916610379777?s=20

ゴールデンバウムも辛口になりましたが、ロール変更による1つのキャラクターの役割を変え、増やすのは良いことだと思うのですがそこに少しでも総合的な進歩を加えなければやはりガチャを引く魅力が落ちてしまいます。

今回の正月ヴァンパイアレディにしても何か1つもっと魅力的な技を修得できれば見方ももっと良くなったのですが、水着ヴァンパイアレディを持っていたらこのスタイルを取得する利点は何か正直わかりません…

今後状態異常に頼りたくなるほどの高難易度が来るのであれば日の目を見る事もあるかもしれませんが、正直現状ではどこで使うか難しいスタイルだと言わざるを得ません。

以上の理由から自分は【スルー】と判断しました、見た目はスーパー可愛いだけに残念です( ;∀;)

以上、「SSヴァンパイアレディ(何を着てもカワイイの)」の評価と考察まとめでした!

ありがとうございました!

花正月の大合戦開催記念 Romancing祭 その他スタイル

【ロマサガRS】SSシェラハ(正月)評価と考察まとめ!

こんにちは、てるです! 本日は1月12日より始まった「花正月の大合戦開催記念 Romancing祭」より登場する「SSシ ...

続きを見る

【ロマサガRS】SSゴールデンバウム(正月)評価と考察まとめ!

こんにちは、てるです! 本日は1月12日より始まった「花正月の大合戦開催記念 Romancing祭」より登場する「SSゴ ...

続きを見る

この記事はいかがでしたか?

-SSスタイル
-, , , , , ,

© 2021 ロマサガRSをざっくり簡潔攻略するブログ Powered by AFFINGER5