R杯関連

【ロマサガRS】7月6日R杯攻略【先入観で大苦戦】

こんにちは、管理人のてるです。

本日は7月6日土曜日のR杯怪傑5を制覇しましたので攻略を書いていこうと思います。

1回戦「水鳥の舞」

忍者軍団です、基本は水鳥剣、たまにみじん斬りを使ってきます。

使用した編成がこちら

敵はほぼ斬攻撃ばかりかつ斬属性が弱点の為斬キャラを集めました。

水鳥剣は斬防御50前後で300前後の為そこまで痛くないですがみじん斬りはほぼ即死性能です、パリィを運用していくことが勝利への近道です。

後は麻痺も有効です、耐性0なので結構な確率で麻痺する為先鋒から麻痺PTでストレートなんて事も可能です。

自分の編成は折衷案です、麻痺らせつつ時間短縮を狙う形で作りました。

特に苦戦する事はないと思いますがみじん斬りを連発されるとちょっとイラっとするかもしれないですね、パリィで祈りましょう!

2回戦「アサルトボーンズ」

君たち先週出てこなかった?骨軍団です。

使用した編成はこちら

戦法自体は【ロマサガRS】日曜日のロビンカップ攻略【土曜日よりかは良心的】でご紹介したのとほぼ同じです、違いはジョルトカウンターを入れてみた所ですが先鋒でモータルゴースト1体まで追い込んで後は火力で押したので使いませんでした。

先鋒戦がキモですね、中堅でBPとOD貯めて大将戦でOD超風打てば大体勝ちです(適当)

3回戦「超女軍団・RS」

今週の難関の女軍団、先鋒フルフルのふぶきも痛ければ中堅のシーの誘惑、シュラークのサイクロンスクイーズ連発、大将セフィラスの毎ターン2回行動のみじん斬り連発とやりたい放題のチームです。

使用した編成がこちら

先鋒はまず最終皇帝の「無明剣」、アセルスの「ロザリオインペール」、白薔薇の「チョコレートボール」でフルフルを瞬殺します、ふぶきをまず使わせません。

この編成にしたのはプロセルピナで耐久してBPとODを貯める為で人によっては火力×3でフルフルを落とす事を優先する方もいるようです。

その戦法も非常に有効だと思いますがその分中堅、大将にもきっちり育成してあるキャラを入れなければ息切れしてしまう為、超上級者向けだと思います。

中堅はOD「無明剣」+「つむじ風」でまずシーを落とします、誘惑を受けるとほぼ終わる為です。

シュラークのサイクロンスクィーズもかなり痛いですがアセルスの「ミラージュステップ」で知力を下げてなるべく大将まで行けるように頑張りました。

突破した時は白薔薇だけ大将まで行けて、チョコレートボールを当てる事に成功しました、超女軍団は全体的に素早さが低い為チョコレートボールをあてておけば先攻を取れる可能性が更に高まります。

そして中堅からはひたすらセフィラスを狙います。

私はこれに気づかず時間がかかりました…先入観で後衛殴れないと思ってたんですね、夜勤明けのボケ頭はダメダメです。

ココがポイント

大将まで行ったらまずセフィラスを集中攻撃しましょう、セフィラスさえ落としてしまえば攻撃力はかなり落ちます。

私の大将は【ロマサガRS】R杯注目の新戦法、意外なキャラの活躍が見込まれます【その発想はなかった】でご紹介した静寂の化身+パリィ戦法編成でしたが普通に火力PTでよかったです。

管理人
大将では特に体術等の打属性キャラがおすすめです、セフィラスさえ落としてしませば後はバルキリーのみですがバルキリーは斬攻撃よりサクションの方が痛い為打耐性と斬耐性が両立している打属性キャラが安定します。

今回の3回戦は派手な攻撃が多く一見無理ゲーに見えますが陣形に穴があったり倒す順番を注意すれば難易度はそこまで高くないと思いました、しかし斬キャラの火力が一定以上ないと厳しい戦いになるのは間違いありません。

以上7月6日土曜日のR杯攻略でした、ありがとうございました。

 

この記事はいかがでしたか?

-R杯関連

© 2020 ロマサガRSをざっくり簡潔攻略するブログ Powered by AFFINGER5