R杯関連

【ロマサガRS】7月27日土曜日R杯、状態異常&パリィ禁止縛りで攻略【犬強い】

こんにちは、管理人のてるです。

本日は【ロマサガRS】インペリアルサガ・エクリプス落ちました…そして今後の方針【インペリアルサガ】でも書きましたがR杯を状態異常&パリィ禁止で攻略してきましたのでその解説を書いていこうと思います。

1回戦「ぶよぶよゼリー」

使った編成はこちら

術師で固めて中堅アセルスの「ミラージュステップ」で知力下げればなんとなく勝てるかなという感じでなんとなく勝てました。

装備は特についてたものそのままです、ここまでは楽勝ムードだったんですよ…

とにかく大将のアゾートにペインでハメられなければ大丈夫です!

二回戦「炎の番犬」

この縛りを考えた時、「炎の番犬」、「スネークトラップ」、「カエルトライアングル」、「でたらめうさぎ」がやばいなと思っていましたが案の定麻痺がないだけで激強チームに変わりました。

まず大将「ガルム」の炎をどうしようもありません。

スカーレットローブ+耐熱手袋でも一撃でした、1000は無理ですって…

たまに三桁後半で済むこともあるんですが条件がよくわからず、ピラニアンズのように数が関係しているのか不明です。

使用した編成がこちら

先鋒のODを大将まで持っていてぶっ放す

これしかないと判断しました。

なのでシングルライン先頭のコーデリアに耐熱手袋を装備させ耐久戦法でいきました。

皆具足をつけてるのは速度を上げて先制をしたい為です、実際さほど効果なくほぼ先攻取られて辛かったです…

犬達早すぎるんですよね、チョコレートボール数発当ててやっとクリモニが先制取れるかどうかという、その速さで4桁炎撒かれたらたまりませんよ…

中堅からはほぼ火力しか考えていません、コウメイにはフラッシュファイア持たせてもよかったかもと今更ですね。

大将はファスト攻撃で少しでも早くガルムを処理したかった為ムーランルージュのカタリナを先頭にし先読み生命の水で耐久の構え、後半通常攻撃がぽつぽつ見えた為勝てましたがもうやりたくありません…

3回戦「カエルトライアングル」

要注意チーム第2弾、カエルトライアングル

使った編成はこちら

カエルトライアングル戦はODが鍵でした、半端なダメージは「傷の手当て」で回復される為BPを貯めて1体必殺の構えで攻めました。

中堅、大将のカエル術師は役割分担があり片方が傷の手当て、片方が超音波やウォーターガンで嫌がらせだったので先に超音波を使う方を倒してから傷の手当てを使わせBP回復に努めました。

カエル戦士とラッパーの組み合わせが本当に嫌らしく、突で行くとカエル戦士の真空斬りや音速剣、斬で行くとラッパーのキックや強打で一撃と非常に編成が難しく頭を使わされました。

打属性キャラは打と斬両方に耐性がある為使いやすかったです、しかし火力の面で言うと突と斬も使わざるを得ず、大将戦では近接ではカエル術師に攻撃が届かない事からラッパーを先に処理しナップを封じると共に斬が活躍できるようにしました。

見どころは中堅戦、カエル戦士と超音波カエル術師を倒す為の先鋒だったのでうまくいって気持ちよかったです。

 

まとめ

大人しく麻痺でハメましょう

これに尽きます、まともに倒すように作られてませんよこいつら(白目)

しかし更なる難易度を求め興味がある方は実践してみて頂きたいと思います、良い感じに地獄見れます()

難易度求めてなくとも全体麻痺もないし麻痺ハメできないけどクリアしたいという方に少しでも参考になれば幸いです。

まだまだ頭悩ますチームが多くこの縛り考えたの失敗だったと思っていますがとりあえずやり通したいと思います。やれる所まで…

それでは本日は以上です、ありがとうございました。

-R杯関連

Copyright© ロマサガRSをざっくり簡潔攻略するブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.