R杯関連

【ロマサガRS】日曜日のロビンカップ攻略【土曜日よりかは良心的】

こんにちは、管理人のてるです。

本日も行われているR杯、土曜日に続き日曜日も怪傑5まで制覇しましたので攻略をまとめてみました。

基本的な考え方等は【ロマサガRS】ロビンカップ最速(?)攻略【怪傑5は鬼畜】に書いていますので参考にして頂ければ幸いです。

では早速1回戦から

1回戦「アサルトボーンズ」

先鋒:ロトンビースト×2 ヘルビースト×1

中堅:エルムバード×2 腐骨鳥×1

大将:イルヘッド×4 モータルゴースト×1

以上の編成ですね。

私が使用した編成がこちら

先鋒が非常に大切です、戦法はパリィで抑えつつアザミと白薔薇で攻撃、白薔薇に攻撃がきたらリタイアです。

基本的に攻撃には耐えられません、強牙は耐性あっても600、なければ1000↑受けるので割り切るしかないです。

その代わりこの編成で言えばアザミは落ちても立て直しが出来る為、中堅戦ではエルムバードを一体残しBPとODを貯める事ができるので非常に有効です。

管理人
この戦法を使い先鋒だけで敵大将のモータルゴースト1体まで追い込めたのが勝因でした、正直今日のR杯で一番強いのは1回戦だと思います。

パリィ+回復役は今後のR杯でも使える組み合わせと思いました、ストレスが大幅に減るのでおすすめです。

2回戦「カエルトライアングル」

先鋒:ラッパー×2 クローカー×1

中堅:カエル術師×2 カエル戦士×1

大将:ラッパー×2 カエル術師×2 カエル戦士×1

以上の編成です。

私が使った編成がこちら

正直先鋒以外適当です。

というのもこのチーム今回のR杯の癒し枠です、大召雷で麻痺らせBPとODを貯めて~を繰り返すだけでクリアできます。

その秘密はクローカーやカエル術師の「傷の手当

恐らくパリィ等の耐久PTを潰しに来たと思うのですがこの技の選択率が程ほどに高く、召雷等で麻痺しなくても手当だけしてるとかもざらな為手加減が非常にしやすいです。

大将戦はODの全体攻撃×3で終わりました、特に言う事のないチームです。

3回戦「でたらめうさぎ」

先鋒:ゲットー×2 ウォッチマン×2

中堅:ウォッチマン×4

大将:ゲットー×2 ウォッチマン×2 ロビンハット×1

以上の編成です。

私が使用した編成がこちら

今見直しても中堅の編成が謎過ぎる…恐らくここは斬属性で固めたほうがいいです、敵は突耐性が高い為斬か打PTで行く事になりますが、ほどほどの突耐性のある斬PTがいいでしょう。

大将は属性攻撃持ちを固めました、突耐性が高くても落下流水アルダーストライクは敵の弱点の冷属性攻撃の為普通に減ります。

先鋒は大召雷から麻痺を狙い麻痺せず残ったものに召雷+アイスジャベリンで落としながらBPとODを貯め、中堅にOD大召雷で麻痺をさせ~を繰り返しました。

ココに注意

注意すべきはウォッチマンとロビンハットのアローレイン、ゲットーの使うでたらめ矢の2倍以上のダメージを受けます。

よって先鋒、大将ともにウォッチマンから倒しました、流石に耐性あっても400近くのダメージを全体に受けるアローレインを連発されたら終了です、特に先鋒はアローレイン1発でほぼ半壊なのでアローレインがこないことを祈りましょう。

ここも麻痺させたゲットーやウォッチマンを残してBPとODを貯めるのが大切です、先鋒は大将のウォッチマンを少しでも減らしてから交代したいですね。

以上、本日日曜日のR杯の攻略でした。

昨日よりかは楽とはいえかなり難易度が高いですね、特に1回戦はなんの特殊攻撃受けてもほぼ即死な為慎重な立ち回りが必要です。

しかしノウハウはかなり蓄積されたのでこのノウハウを活用して今後のR杯も頑張っていこうと思います。

余談(聖石の魔石融合)

魔石の交換ができるようになった為交換し、配布されていたOD威力+を融合してみたところ、「陰+」という聖石に変化しました。

陰属性の攻撃という事は術だけでなく技の陰属性も含まれると思われます。

ルージュやロックブーケにいいかなと思いました、しかし魔石融合は交換のラインナップにあるものに変化する事もある為しばらくは融合ではなく交換所にある聖石集めでいいかなと思います。

聖石が集まり、そろそろ新しいのが欲しいとなった時に融合することをおすすめします。

それでは本日は以上になります、ありがとうございました。

この記事はいかがでしたか?

-R杯関連

© 2020 ロマサガRSをざっくり簡潔攻略するブログ Powered by AFFINGER5